Netflix限定配信ドラマ「マニアック(MANIAC)」のキャストや感想

maniac-netflix-image

今やハリウッドを代表する大女優となったエマ・ストーン主演の海外ドラマ「マニアック(MANIAC)」が9月21日に配信決定!そこで今回はマニアックのあらすじやキャストについて調べてみたいと思います。


「マニアック(MANIAC)」のあらすじ


予告を見てみるとかなり風変わり?な内容のドラマであることがわかりますが、あらすじを見てみてもかなり変わった内容のドラマのようですね。

この世界に似た別の世界、そして現代に似た別の時代が舞台の「マニアック」では、それぞれ異なる事情から謎めいた新薬の臨床試験の最終段階に参加したアニー・ランズバーグ (エマ・ストーン) とオーウェン・ミルグラム (ジョナ・ヒル) の物語が繰り広げられます。

母と姉妹との破綻した関係に執着し、不満を抱きながら目的もなく生きているアニー。
ニューヨークの裕福な実業家夫婦の5男で、疑わしくも統合失調症という診断にずっと苦しめられているオーウェン。

まともな人生を求める2人は最先端の新薬を使った治療を耳にします。

発案者のジェームズ・K・マントルレイ医師 (ジャスティン・セロー) は、数個の錠剤を服用するだけで、精神疾患から失恋による傷心まで、心の不調はすべて治療可能と宣言し、これに魅せられた2人とその他被験者10人がネバーディン製薬バイオテック社の施設に集まり、3日間の臨床試験に参加します。

合併症も副作用もゼロで、心の問題を永久に根絶できると言われた彼ら。しかし計画通りには進まず…。

なんと言っても主演にエマ・ストーンというだけで、とりあえず見てみるという方も多いのではないでしょうか。そういう自分もエマ・ストーンは好きなので絶対に見ます!

監督はキャリー・ジョージ・フクナガ

マニアックの監督は、今注目株の監督でもある日系アメリカ人の「キャリー・ジョージ・フクナガ(Cary Fukunaga)」さん。

Netflix限定で配信されているアフリカの内戦と少年を描いた「ビースト・オブ・ノー・ネーション(Beasts of No Nation)」では監督・脚本・撮影を担当。ビースト・オブ・ノー・ネーションは、2015年にはヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭と名だたる映画祭でワールドプレミア上映されました。

今もまだほとぼりは冷めている様子がありませんが、Netflix含むVOD配信会社が製作する映画は「映画」なのか、といった問題の発端ともなる作品のひとつです。(主にカンヌ国際映画祭の問題ですが)

話がそれましたが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督はこの他にも、エミー賞でドラマシリーズ部門最優秀監督賞を受賞した「TRUE DETECTIVE/二人の刑事(2014年) 」や、「ジェーン・エア(2011年)」などがあります。

脚本にパトリック・サマーヴィル

マニアックの脚本には「パトリック・サマーヴィル(Patrick Somerville)」さんが担当。

パトリック・サマーヴィルさんは2014年製作の「24 リブ・アナザー・デイ」ほか、海外ドラマ「ブリッジ ~国境に潜む闇」の脚本も担当。

「マニアック(MANIAC)」の出演者について

エマ・ストーン / Annie Landsberg


ハリウッドを代表する女優の一人として知られる「エマ・ストーン(Emma Stone)」さん。その名も2016年に公開された「ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)」で更に一気に知られるようになりました。

代表作にはラ・ラ・ランド以外にも2010年の「小悪魔はなぜモテる?!」や2012年公開の「アメイジング スパイダーマン」等が挙げられます。少し前までNetflixで「小悪魔はなぜモテる?!」が見られたのですが、今は配信終了しちゃいました。

見た目はチャーミングな印象のエマ・ストーンですが、声は意外とハスキーボイス。ホントかどうかわかりませんが、Wikipediaでは赤ん坊のときの夜泣きで声帯を痛めたのだとか。(こういう事あるの?)

それはさておき、今後も目が話せない女優さんの一人であることは確かですね。マニアックではどんな演技が見られるのか楽しみです。

ジョナ・ヒル / Owen Milgrim


レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」、ブラッド・ピット主演の映画「マネーボール」、2009年公開の「ナイト・ミュージアム2」等、大作にも多く出演している「ジョナ・ヒル(Honah Hill Feldstein)」。

俳優だけでなく脚本家としても知られるジョナさんは、元々コメディー映画でも名を挙げたぽっちゃり体型のコメディアンとして有名でしたが、マネーボールの撮影のために40ポンド(約18kg)もの減量を行ったことで話題にもなった俳優さんです。

エマ・ストーンの映画デビュー作となった2007年の映画「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で共演していて仲も良く、お互いにリスペクトしあっている仲間。
そして今回、エマ・ストーンからのオファーでマニアックへの出演が決定したとのことです。

ジュリア・ガーナー / Ellie


2012年公開の「ウォールフラワー」、2014年公開の「シン・シティ 復讐の女神」等に出演している女優「ジュリア・ガーナー(Julia Garner)」。
海外ドラマでは「ジ・アメリカンズ」にも出演、単発ながらも存在感のある重要な役を演じています。

マニアックではエマ・ストーンと映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるようなキャラクターで登場しそうです。
これからも期待の女優さんなので要チェックです!

ジャスティン・セロー / James Mantleray


2001年「マルホランド・ドライブ」、2003年「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」、2017年「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」等の作品に出演している「ジャスティン・セロー(Justin Theroux)」さん。

女優のジェニファー・アニストンの元夫としても知られます。

エマ・ストーンとの再共演が多い?

エマ・ストーンと言えば前述の通り「ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)」が代表作ですが、ラ・ラ・ランドで共演した「ライアン・ゴズリング」とは、2011年の映画「ラブ・アゲイン」や2013年公開の「L.A. ギャングストーリー」でも共演。

今回のマニアックではジョナ・ヒルとも再共演を果たしているわけですが、2018年公開の映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」では同じく「ラブ・アゲイン」で共演した「スティーブ・カレル」とも共演していました。

エマ・ストーンはかつての共演者と再演する傾向があるのですかねー。と思ったら、マニアックで再共演となっている俳優さんがまだいました!

ソノヤ・ミズノ / Dr. Fujita


イギリスの女優「ソノヤ・ミズノ(Sonoya Mizuno)」も、エマ・ストーンとかつて共演していた女優さんの一人。

共演していた作品は「ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)」で、エマ・ストーンの同居人のケイトリン役で共演していました。女優兼ダンサーというソノヤ・ミズノさんですが、バレエ団で活動していた経歴もある女優さんです。


主な出演作は2015年公開の映画「エクス・マキナ」、2016年「ハートビート」など。Netflixでも少し前に配信された「アナイアレイション -全滅領域-」にも出演していたようです。

サリー・フィールド / Dr. Greta Mantleray


「サリー・フィールド(Sally Field)」さんは1946年生まれの米国女優。1984年公開の「プレイス・イン・ザ・ハート」ではアカデミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞を受賞した名女優としても知られます。

他、代表作には「ミセス・ダウト」「フォレスト・ガンプ/一期一会」「アメイジング・スパイダーマン」など。またしてもアメイジング・スパイダーマンでエマ・ストーンと共演していますね!

まとめ

マニアックは全10話の予定。予告では不思議な世界感のストーリーのようですが、期待度の高いドラマです!
まだまだ詳しい内容はわかりませんが、配信開始されたらまた情報をアップしていきたいと思います!

Sponsored Link

【参照】